STAFF|『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』公式サイト

CYBORG 009 CALL OF JUSTICE

STAFF

原作者:石森章太郎

1938年、宮城県生まれ。高校在学中にマンガ家デビュー。
特撮実写作品『仮面ライダー』の原作者としても知られ、映像とマンガ連載を並行して行うメディアミックスの分野を開拓した。
生涯に描いた作品数は770作品にのぼり、2008年には「一人の著者が描いたコミックの出版作品数が世界で最も多い」として「ギネス世界記録」に認定された。

総監督:神山健治

背景美術スタッフとしてキャリアをスタート。『攻殻機動隊 S.A.C.』にて、監督とシリーズ構成を兼任した。続いて『精霊の守り人』でも、再び監督とシリーズ構成を担当。オリジナルTVシリーズ『東のエデン』では原作も務め、『009 RE:CYBORG』においては初のフル3D劇場作品を監督した。2017年春に公開予定の最新オリジナル劇場作品『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』では、監督・脚本を務める。

監督:柿本広大

Production I.Gに制作進行として入社。『精霊の守り人』で初めて絵コンテ・演出を担当。以後『図書館戦争』『獣の奏者 エリン』『東のエデン』などのIG作品を中心として活躍の場を広げる。その後フリーになり『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』では 助監督・絵コンテ・演出を務めた。続く『劇場版PSYCHO-PASS』では絵コンテ・演出を担当した。今回の『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』は初監督作品となる。

キャラクターデザイン:齋藤将嗣

イラストレーターおよび漫画家としての活動と並行して、アニメやゲームなどのキャラクターデザインなども手がける。
『キャプテン・アース』ではデザインワークスを担当。『楽園追放 -Expelled From Paradise-』にてキャラクターデザインとメカニックデザインを兼任し、画集も発売した。『CeVIOプロジェクト』のキャラクターデザインも務める。

主題歌:MONKEY MAJIK

MONKEY MAJIK は、カナダ人兄弟Maynard -メイナード- (Vo&G)、Blaise -ブレイズ- (Vo&Gt) のフロントマンと
日本人のリズム隊TAX -タックス- (Dr)、DICK -ディック- (Ba) からなる仙台在住の4ピースロック・バンド。
2006 年1月binyl recordsより1st シングル 「fly」 をリリース! そのメンバー構成が象徴するように"ジャンル" にとらわれない
"サウンドアプローチ" で英語と日本語を "ナチュラル" に融合させる "リリック"、そして "誰しもの感情や記憶を揺らすような普遍性に
満ちたメロディー" を武器にして "自由でボーダ・レスなGood Music" を生み続けているオンリー・ワンバンド。
2nd シングルの 「Around The World」 はフジテレビ系ドラマ 「西遊記」 の主題歌として爆発的なヒットを記録!
CM ソングに 「空はまるで」 が起用されアーティスト性を確立した。
2011年1月には 「東北観光親善大使」 に任命されるなどし、東日本大震災復興支援プロジェクト 「SEND愛」 を主催、 2012年12月には第3弾のチャリティーライブ 「SEND愛」 を行い東北復興支援に向けた活動を継続している。
2015年にはバンド結成15周年を迎え、初の日本武道館LIVEで8000人のファンに迎えられ過去最大級のパーティーを実施し大成功を
おさめ、同年10月には15周年記念ベストアルバム「MONKEY MAJIK BEST-A.RI.GA.TO-」を発売した。 2016年に入り3月には早くも
NEW ALBUM「Southeview」を発売し、全国ホールツアー(20か所22公演)を実施し精力的に活動を行っている。